履歴書・職務経歴書・自己PR書類作成の注意点 アピールし尽くす

履歴書に説得力を持たせ生かせる経験を目立たせ詳細に記載しアピール

転職や再就職を希望する企業に申し込む場合、履歴書・職務経歴書を事前に提出し、書類選考を経て面接へ、という流れになるケースが大多数です。

 

まず、書類選考からスタートとなります。

 

 

履歴書に説得力を持たせる

履歴書に説得力を

履歴書に説得力を

履歴書・職務経歴書の書類選考のポイントは、「この人に会ってみたい!」と採用担当者に思わせること。

 

どんなに魅力的な人間でも、実際に会ってみなければ伝わらない部分は多いもの。

 

提出書類に説得力が無い限り、どんなに魅力的なスキル・経験を持っていても、それを伝える機会を失ってしまいます。

 

絶対に採用には繋がりません。

 

履歴書を書く際は、誤字脱字は論外ですし、修正テープなどで消して直したものを提出するのも問題外です。

 

修正した履歴書を送ることは、「その程度の心意気」ととられて当然のことなのです。

 

絶対にやめましょう。

 

魅力的な書類の書き方

次に、実際に魅力的に見える職務経歴書、自己PRの書き方をお伝えします。

 

まず基本は、応募職種に生かせる経験を「目立たせる」ことです。

 

職務経歴書と言えば、経験してきた職種や担当業務を時系列に並べるものだと思っていませんか?

 

実は、逆時系列でもかまわないのです。

 

直近に管理職・リーダー経験がある場合は、そこから書き始めた方が目立ちます。

 

また、応募職種に関連する経歴を抜粋し、その他は後で簡単にまとめて記載するだけでも問題ありません。

 

とにかく自分をアピールする

要は、自分がアピールしたい部分を目立つように工夫すれば良いのです。

 

また、経験してきたこと、担当した業務、そこから得たものなどを詳細に記載すると、高い意識を持って働いていたことや、仕事を任されていたことなどをアピールできます。

 

守秘義務に反しないよう注意することも必要ですが、就業先の概要や残した実績なども、項目別に記載すると良いですね。

 

これまで自分が何をしてきたのか、何を得てきたのか、しっかりと整理し、転職、再就職の応募先に合わせて書き分けを行うことで、書類選考の通過率は上がってくるはずです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク