派遣社員にはボーナスが出ず契約更新で継続勤務が出来ない場合もある

紹介予定派遣も含め条件と照らし合わせ派遣先を見つけましょう

派遣で働くということは、メリットだけでなくデメリットもあります。

 

今回は派遣のデメリットをご紹介します。

 

 

ボーナスがなく継続勤務が出来ない場合もある

ボーナスと契約更新

ボーナスと契約更新

派遣で働くというのは正社員とは違います。

 

そのため年に数回ある「ボーナス」というのが一切ありません

 

いくら派遣として長く勤めていても、ボーナスは出ないので注意が必要です。

 

また、派遣には契約期間というものが有り、その契約期間が近づくと企業が更新するのかどうかを決めます。

 

日々の状況、会社の状況に応じて更新の有無が決まるため、更新されなければその企業とは契約終了となり、別の派遣先へいかなくてはいけないのです。

 

もっと働きたいと思っても、企業の判断になるため不安定な状態となってしまいます。

 

休んだ分は無給となる

次にあげられるデメリットは、休みが多いと給料が減ってしまうということです。

 

時給はアルバイトに比べると高いというメリットがあったのですが、大型連休などが重なるとその分の給料はカットされてしまいます。

 

もちろん派遣先によりますので、年中無休で営業しているようなアパレルや小売りのショップの派遣にはあまり関係ありません。

 

自分に合った働き方を

メリットにしろデメリットにしろ、当然ながらどこの派遣先で働くのか、どういったジャンルで働くかによって大きく変わってきますが、基本的にはメリットもデメリットも共通しているのは上記にあげた点です。

 

現在は派遣で働く方も多くいますので、自分の条件などと照らし合わせながら自分にあった派遣先を見つけましょう。

 

また紹介予定派遣で正社員を目指す場合で、派遣された会社に正規雇用されたいと考える場合は、正社員として認めてもらうような働き方をすることを心掛けるようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク