資格を幾つも取得した私の勉強法

「資格を幾つも取得した私の勉強法」記事一覧

教科書より過去問での勉強
資格試験は教科書より過去問での勉強の方が効果が高い

取得に挑戦する資格の、試験日、出題科目、合格点といった概要が分かったら、次は過去問を手に入れて、具体的な試験の出題傾向や範囲を頭に叩き込みましょう。教科書より過去問を資格試験勉強には過去問生真面目な人にありがちな、まずは分厚い資格試験専用の教科書や参考書をじっくり読んで、基礎固めしてから始める勉強方法は効率が悪いです。どの資格試験も共通して言えるのが、分厚い参考書や教科書から実際に試験に出るのはそ...

続きを読む
合格の最低点を取る
資格試験合格の最低点を取る為の戦術を立て優先順位を決める

自分が受ける資格が決まったら、資格に合格する為に勉強を開始することになります。そしてまずその前に試験日、試験科目、合格点の3つを調べましょう。合格最低点を取る戦術合格点を取る戦術と優先順位資格によってはいくつもの科目が課せられ、各科目の総合計点で合否決まったり、各科目に足切り点を設けていたり様々なので、試験日までに合格の最低点を取る為の戦術を練ることから始めます。例えば、私が受けたとある検定試験は...

続きを読む
覚えた事を忘れない復習
資格試験勉強法では覚えた事を忘れない復習を徹底する

中学や高校の中間や期末テストのシーズンに電車に乗ると、答えを色つきシースルーの用紙に隠して、問題を解いている制服姿の学生をよく目にします。資格試験に合格するだけの点数を取る勉強法合格する点数と復習彼らのように、一度暗記したものをシッカリと覚えているか試すのは大事なことだと思いますが、働きながら勉強して転職を狙っている社会人には時間が限られています。どんな資格でも過去10回分の試験問題を覚えるには、...

続きを読む
私の過去問型勉強方法
幾つもの資格試験に合格した私の具体的な過去問型勉強方法

資格試験の具体的な過去問型の勉強方法についてお伝えします。基本的には過去問、問題集をひたすら解いて、参考書は辞書代わりで補助的に使うことをお勧めします。私が行った勉強法私の資格用勉強法暗記科目の大学受験の日本史や資格試験を勉強する時に、私が行っていた方法を紹介します。それは過去問を解いた後出題された箇所を参考書に蛍光ペンを引き問題集には赤ペンで答えを記入して事実上の「試験に出る参考書」にしてしまう...

続きを読む
資格試験本番前の復習勉強
資格試験本番の直前も当日も覚えた事の復習勉強に専念

資格試験の本番1週間前になるとラストスパートと言って、「試験の追い込み期だ」と煽る人も多いですが、本番1週間前も普段と同じスペースで勉強するべきです。資格試験の1週間前も復習に専念試験直前も復習に専念普段から自分のペースで勉強できていれば、直前になっても焦る必要はありません。強いて言うなら、ラスト1週間は新しいことに手を出さず、資格試験の勉強を開始した時から覚えた全てのことを復習することに専念して...

続きを読む
不合格でもプラス評価に
資格試験挑戦は不合格でも転職や再就職採用決定でプラス評価に

資格試験に無事合格したら、それを履歴書に書いて転職や再就職活動をしましょう。「合否のある資格試験と合否ではなくスコアが残る資格試験」でも書きましたが女性の仕事は、正確性やきめ細かさが大切な事務職が多いので、難易度が高くない資格でもいくつか持っていると、採用担当者に几帳面な人だと思われる可能性が充分あります。資格に挑戦した事実をアピールする資格挑戦の事実をアピール仮に応募した職種と関係ない資格でも履...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク