転職や再就職に活かせるアピールやスキルを自身の中に見つける方法

経験した仕事を棚卸し転職や再就職でアピールすべきスキルを見つける

女性が転職や再就職を検討する際、自分には「社会人としてアピールすべきスキルがない」と感じてしまう人が少なくないとされています。

 

 

自分にはアピールポイントもスキルもないと考える女性

自分のアピールポイントとスキルの見つけ方

自分のアピールポイントと
スキルの見つけ方

新しい仕事に就きたい、新しい会社で働きたい、と感じても

  1. 自分のアピールポイントが見つからない
  2. 自分には特筆すべきスキルがない
  3. と悩んでしまう女性が多いと大手転職サイトでは指摘をしています。

     

    特に自分の性格を内向的と考える女性に多い傾向のようですが、しかし既に経験している一つ一つの仕事の内容を整理し、きちんと棚卸しすれば、誰にでも転職、再就職の際のアピールポイントが必ず見えてくる、自身の中に多くのスキルを持っていると転職のプロは指摘します。

     

    必ず見つかる過去の業務との共通点とスキル

    転職や再就職を個別指導する転職エージェントに依れば、自分の中のアピールポイント、スキルを見つけるために、自分が経験した業務を多面的に見ることが必要としています。

     

    自分が過去経験した仕事、業務の中で

    1. どんな相手と
    2. どんな場面で
    3. どんな会話をしたか

    を想い出してみて、それらを整理し、あらためて考えてみることで、それまでは思いつかなかった業務、仕事との接点が見つかることがあるとしています。

     

    自分の過去の実績、つまり職務経歴を見つめ直し整理すれば、必ず他の業務でも通用するスキルが見つかるはずと転職のプロは言います。

     

    「自分にはスキルがない」とマイナス思考で考えず、プラス思考で過去の業務での経験を前向きに捉えれば、必ず自分なりのアピールポイントが見つかると指摘しています。

     

    プロに見つけてもらうのもお勧め

    但し、一般的に女性は男性と比べて、自分の仕事以外に関して知っている情報が少ない事も事実です。

     

    その為に、共通点が見つからず「活かせるスキルがないのでは」と思ってしまう女性が非常に多いとされています。

     

    新しく就きたい仕事、入社した会社があるならば、まず過去の実績との共通点を探すことが重要ですが、更に社会的な情報が欲しい際は、転職エージェントに相談することをお勧めします。

     

    プロの立場から、過去の貴女の実績を客観的に精査し、スキルを見つけ、転職や再就職に際しての共通点のアドバイスを受けられます。

     

    こちらの「転職・再就職支援・求人サイト一覧」から登録されることをお勧めします。

     

    前のページ

    次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク