女性の再就職で注意したい面接時のお辞儀の仕方と前職のクセ

女性の再就職を成功させるために必要な一般的なお辞儀の仕方

女性の再就職にあたって気を付けたいことのなかに「マナー」があります。

 

このマナーは職種によって求められる内容が異なるので、柔軟性をもって、職場に相応しいマナーを身に着けることが求められます。

 

 

一般的なマナー

お辞儀の仕方は職場で違う

お辞儀の仕方は職場で違う

マナーの基本のなかには、お辞儀の仕方や名刺交換の方法などが含まれてきます。

 

名刺交換については、どちらが先に名乗るのかということや、片手で渡す方法、両手で渡す方法など仕事の中で慣れていきますが、お辞儀については再就職の面接試験の時点できちんと出来ていることが求められるので注意が必要です。

 

お辞儀について、面接の場で上体を90度に曲げて頭を下げる方もいらっしゃいますが、お辞儀の基本は、会釈で15度、敬礼で30度、最敬礼で45度です。

 

面接の場でのお辞儀は基本が30度の敬礼で、なにかお詫びをしなくてはいけないようなシーンでは最敬礼の45度となります。

 

柔軟な対応が必要なお辞儀のマナー

お辞儀の仕方は、職場によって異なることがあります。

 

例えば、上記ではお辞儀の角度は最敬礼で45度と書きましたが、営業職の場合では90度のお辞儀を基本としている職場もありますし、大切なお客様を見送る際に90度のお辞儀をする職場もあります。

 

また、手を重ねる位置も職場ごとに異なり、上半身の動作に合わせて自然に手組む基本的な方法とお腹の上に両手を重ねてからお辞儀をする方法とがあります。

 

これらは、再就職後に職場の様子を見て柔軟に対応したいところですが、ついつい、前の職場のクセが出てしまうこともあるので、まずは基本動作をきちんとできるようにすることが大切です。

 

やはり、こちらの「人材派遣・アルバイト求人検索サイト一覧」でご紹介しています会社では、ビジネスマナーの無料講座などを開いていますので、再就職活動で利用されるのも1つの手段です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク