女性の再就職前にチェックしたい電話応対の仕方と面接試験対策

女性の再就職を成功させるために必要な電話応対の方法と柔軟さ

中途採用の採用試験や派遣会社の登録試験などで、マナーや一般常識に関する問題が出されることもあります。

 

例えば、大手派遣会社では、登録希望者に対して、パソコンのスキル試験のほかに、はがきの宛名の書き方を出題していますし、百貨店の採用試験では電話応対についての文章問題が出題されています。

 

 

面接時に聞かれる可能性の高い電話応対

電話対応も職場で特色が

電話対応も職場で特色が

事務系の仕事では、実情として電話応対がメインとなっている職場もあります。

 

また、メインではなくても、1日に何本かの電話を取らなくてはいけない職場は多くあり、電話に苦手意識のある人や応対が雑な人がいると、会社全体のイメージが悪くなることも考えられます。

 

そこで、就職面接の際に電話応対が出来るかどうかを確認しているところが多数あるので、自信を持って回答するために、あらかじめ電話応対について学んでおくと良いでしょう。

 

電話対応についても、例えばお勧めの大手有名派遣会社では、ビジネススキルコースで電話応対の基本トレーニングという無料講座を用意していますので、利用されると良いでしょう。

 

職種ごとの違いを踏まえる

電話応対と一言にいっても、内部からの電話しか受け取らないポジションもあれば、お客様からの苦情をメインに取る部署や電話の取次ぎだけを行う部署など様々です。

 

これらから、もし面接時に電話応対について尋ねられたら、どのようなケースの電話応対が求められているのかを最後の質問の際にしても良いかもしれません。

 

ただし、職種からそれが明らかな場合であれば、今までの経験を踏まえて、回答することをお勧めします。

 

求めされる柔軟さ

電話応対の仕方も、職場ごとの特色を乱さないことが大切です。

 

例えば、電話を受けるときには社名を名乗りますが、営業事務の仕事や店舗などでは「お電話ありがとうございます」と伝えてから社名を名乗ることもあります。

 

社会人としての経験が豊富な方は、ときに自己判断で進めてしまうこともありますが、まずは職場ごとのやり方に馴染むことが必要です。

 

就職試験の際にも、柔軟性を問われる質問をされることがあるので、上手く乗り切りましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク