女性の転職・再就職 - 10~20代既婚

10~20代 既婚女性の転職

10代~20代の既婚女性の場合、一般事務は適性を見極める時期でもあります。営業などの場合は、既婚者でも間口が広く、逆に医療・福祉に関しては、転職・再就職は難しくなる傾向にあります。IT関連業界では、10代~20代というのは社会人として吸収率が高いため、既婚者であっても需要は高まっていくと考えられます。

10~20代 既婚女性の転職 記事一覧

既婚でも採用企業を見つけ希望の再就職をする事は困難ではない


10~20代既婚女性の再就職

10~20代の若い女性であれば、既婚でも採用してくれる企業を見つける事、希望の再就職を叶える事はさほど困難ではありません。ですが、家庭と仕事を両立させたい、家庭を大事にしたいなら勤務時間を就職前にチェックする事が大切です。

≫続きを読む

 

一般事務 雇用する側が若年層に懸念する要素をクリアする努力をする


10~20代既婚女性と一般事務

20代の既婚女性の場合、出産の適齢期であり会社が妊娠後の退職を一番懸念する年代層です。ホスピタリティーや正しいマナーが弱いと思われがちな年齢層ですから、パソコンスキルと併せて身に付けることで転職・再就職が有利になります。

≫続きを読む

 

営業・販売・サービス① 間口が広く可能性が広がりキャリアが積める


10~20代既婚女性のキャリア

営業・販売・サービスは、会社や店舗の顔になるため、若さという活気があり、男性に比べ気遣いができる女性にこそ会社は就いて欲しいとしますので、20代までの女性の転職・再就職として向いており、またキャリアを積むこともできます。

≫続きを読む

 

営業・販売・サービス② 若すぎる女性は敬遠される場合も


10~20代既婚女性と営業

営業に関しては顧客ニーズを引き出すトーク、相手に与える安心感の面で、若すぎる女性は敬遠される傾向があります。20代までで営業職に転職・再就職したい場合は、若い時から営業経験を積みたいことをアピールすると良いでしょう。

≫続きを読む

 

医療・福祉① 転職・再就職するには難しい職種


10~20代既婚女性と医療・福祉

10~20代の若年層の女性が転職・再就職先に福祉系の仕事を選ぶことが出来るケースは多くないのが現実です。未経験での福祉業界への転職・再就職は難しい、新卒で福祉業界へ就職するのはがセオリーであると認識しておきましょう。

≫続きを読む

 

医療・福祉② 就きたいなら施設の総務・事務職がお勧め


10~20代既婚女性と総務・事務職

20代までの女性で福祉業界に転職・再就職したい方に、医療・福祉施設の総務をお勧めします。医療事務の資格取得は比較的敷居が低く、また開業医の受付などは求人数も多く復職にも相談に乗ってくれ、次の転職・再就職にも役立ちます。

≫続きを読む

 

技術・IT・クリエイティブ① 需要は高いが未経験者の転職は困難


10~20代既婚女性の未経験者

IT・クリエイティブの仕事は非常に専門性が高いので、全くの未経験では10~20代の若さを持ってしても転職・再就職は難しいでしょう。業界の特殊な基本スキルを身に付け専門の学校を出たライバルと同等になることが求められます。

≫続きを読む

 

技術・IT・クリエイティブ② 家庭との両立が課題だがSOHOも可


10~20代既婚女性のSOHO

10~20代の既婚女性で、技術・IT・クリエイティブ業界への転職・再就職を望むなら、家庭との両立の面からも企業に勤務するのではなく、在宅で仕事をするSOHOをお勧めします。この場合、雇用ではなく業務委託となります。

≫続きを読む

 

団体職員 未婚者に比べ若干不利ではあるが決して不可能では無い


10~20代既婚女性と団体職員

10~20代女性で団体職員に転職したいならば、すぐにでも転職活動を行うべきです。転職サイトの求人から応募することも可能で、タイムリーな求人情報を入手したりメールで連絡を受けることも可能です。転職支援サポートもお勧めです。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
求人・転職・再就職支援サイト 派遣登録会社 アルバイト検索・応募サイト

転職ネット powered by TrendLead