女性ならではの転職アドバイス

「女性ならではの転職アドバイス」記事一覧

女性ならではの目線
転職・再就職先探しのヒント 女性ならではの目線と経験を活かす仕事

社会には男女に関係なく共通したビジネス、男性専用、女性専用のビジネスがあります。女性の場合、どうしても女性向けビジネスに関連した仕事や職場に目が行ってしまいますが、女性の目線や経験でしか分からない物事をビジネスに活かす、つまり転職や再就職探しで考えに入れる事をお勧めします。私の知り合いの女性の経験談女性の目線と経験実際の一例を挙げます。私の知り合いの女性は、自動車のディーラーに勤務しています。ある...

続きを読む
女性特有のイベント
転職・再就職と女性特有のイベント 適齢期・結婚・出産との兼ね合い

女性は男性に比べ人生におけるイベントが多く、「いつどうなるか分からないから」と就職・転職の採用で敬遠されがちです。しかし、女性も社会に出て成果を残すことができるようになった今、女性自身も仕事で認められるようになりたいと思うようになってきています。イベントが多くても仕事をする権利を奪われて良いわけじゃない適齢期・結婚・出産妊娠や出産は女性にしかできないこと。いくら夫婦で役割分担をしても、そこだけは変...

続きを読む
後悔しない生き方
転職・再就職のタイミング 後悔しない生き方を様々な選択から選ぶ

出産の適齢期は、20代だという向きが多いようです。30代後半になってくると高齢出産となり、出産時には母子ともに大きな負担がかかるといいます。乳離れする頃がキャリアチェンジができる最後のチャンスキャリアチェンジ最後のチャンスまた、産んで終わりではなく、子供が成長してくると、女性は母親として子育てに体力を持って行かれます。スーパーで急に走り出した子を追いかけたり、幼稚園の運動会に出なければならなかった...

続きを読む
転職理由
転職・再就職の心構え 転職理由をつきつめて考え企業を研究

転職をする前や、した後働き始める前の心構えは、その後の仕事を大きく左右します。何も考えないで転職・再就職する方はもちろんいないと思いますが、心構えをしっかり持っておくことで、より有意義な転職となることでしょう。有意義な転職にするためにも心構えはしっかりと持っておく心構えはしっかりとまず、転職をする前の心構えから。何かが違うと思い始めた時、人は漠然と転職を考えます。その時に、本当に転職や再就職が必要...

続きを読む
ネットを活用
転職・再就後の態度 ネットを活用し転職後は初心を忘れず

今はインターネットで、あらゆる情報を手に入れることができます。転職・再就職希望の企業のホームページを徹底的に洗い上げ、社長のメッセージからどんな方向性の会社なのかを見、どんな領域でなにをしているのか、現在進んでいるプロジェクトの進捗はどうか、などなど、詳しく調べましょう。インターネットを有効に使っていこうネットを有効により深く知ることで、なぜ転職してその会社に入りたいと思ったのかが明確になります。...

続きを読む
女性社員に望むもの
企業が女性社員に望むものとは 女性にしか出来ない事で認めさせる

企業が女性に望むもの…貴方は、何が思い浮かびますか?実は、女性社員を「活用」しようとする企業は、あまり多くはないのです。企業は『活用』を考えているわけではない女性にしか出来ないことなぜなら、女性は男性に比べて、結婚や妊娠・出産、子育て、夫の転勤、両親の介護など、いつ何があるか分からないからです。採用した全ての人材を活用してこそ最大限の利益を上げられるもの、女性が「いつ辞めてしまうか分からない」とい...

続きを読む
仕事の遣り甲斐
仕事の遣り甲斐か待遇・給与を選ぶか 既婚・未婚で違うデータ

転職・再就職をするにあたって、遣り甲斐をとるか、給与をとるか、非常に悩ましい問題です。遣り甲斐はものすごくあっても給与が安ければ苦しいですし、かと言って給与が良くても遣り甲斐が無ければ何も得ることができません。やりがいを取るか給与を取るかは非常に難しい問題既婚・未婚で違うしかし、ここにおもしろいデータがあります。株式会社パーソルテクノロジースタッフが2009年に行った「転職先企業を選ぶ際に、重要だ...

続きを読む
離職率が高い職種
離職率が高い職種 教育・学習 / 宿泊・飲食 / 生活関連・娯楽

これから転職、また再就職しようと考えている業界が、定着率が高いか低いか、気になるものです。転職しやすい業界、しにくい業界というものは実際に存在します。では、どのような業界が当てはまるのでしょうか。離職率が高い業種は?離職率が高い職種当サイトのテーマは女性の転職・再就職、中途採用ですが、業種別の離職率については転職でも新卒でも共通する部分があると思いますので、厚生労働省が発表した業種別の「新卒者離職...

続きを読む
転職・再就職しやすい職種
転職・再就職しやすい職種 宿泊・飲食 / 生活関連サービス・娯楽

意外にも離職率が高い「教育・学習支援業」の中の職種で教師を例にあげると、休みはしっかりとれるイメージがあると思いますが、実は授業の準備や休日の部活動引率などの、勤務時間としてカウントされない時間外労働が多いのです。教職はとても大変転職・再就職しやすい職種部活動の顧問は、実は給与が支給されないボランティアであるということをご存知でしたか?他の2業種「宿泊業・飲食サービス業」、「生活関連サービス業・娯...

続きを読む
離職率が低い職種
離職率が低い職種 鉱業・採石 / 電気・ガス・水道業 / 製造業

離職率が低い職種に関しても、厚生労働省が発表した業種別の「新卒者離職率」をもとに、離職率が低い業種についてまず見ていきましょう。離職率が低い職業は?離職率が低い職種新入社員が3年以内に離職する率が低い業種=定着率が高い業種は、上から順に鉱業・採石業・砂利採取業電気・ガス・熱供給業・水道業製造業となっています。これらの業種の定着率が高い業種理由としては、給料が高いことが挙げられます。あくまで新入社員...

続きを読む
転職・再就職が難しい職種
転職・再就職が難しい職種 = 定着率が高い職種・業種

ところで、定着率が高い「鉱業・採石業・砂利採取業」「電気・ガス・熱供給業・水道業」「製造業」の3業種は、アルバイトではなかなか経験しにくいものです。定着率が高い業者は経験しにくいものになる転職・再就職が難しい職種何が言いたいかと言うと、社会人になる前に経験することが難しい業種は、入社後の研修に力を入れます。そこで基本~専門知識を身につけ、各部門へ出ていきます。では、中途採用者に同じように研修をする...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク