転職サイトに複数登録すべき理由

1つの求人募集が複数の転職支援サービスサイトに依頼される

私が今までに転職・再就職に成功してきたのは、ひとえに転職支援サービスサイトのお蔭です。

 

男性には一般的となった無料の転職支援サービスですが、まだ女性には認知度が低いようです。

 

そこで、ここでは何故複数の転職支援に申しむことが必要なのか、私が強くお勧めするのか、その理由と意義をお伝えします。

 

 

求人は複数の転職支援サービス会社に依頼される

求人は複数の転職支援サービス会社に

求人は複数の
転職支援サービス会社に

ある企業が、求人を出すとします。

 

その場合、ハローワークに依頼したり、民間の転職支援サービス、人材バンクなどにも依頼します。

 

ここで注意すべきは、1つの転職支援サービスに依頼するのではなく、複数の転職支援サービスに依頼するということです。

 

企業から「こういう人材を探して欲しい、こういう人が欲しい」と依頼を受けるのは、何も1つの転職支援サービス会社ではない、ということです。

 

実際に転職支援サイトをご覧になればお分かりになりますが、特に大手の企業など、実に多くの転職支援サービスに求人の依頼をします。

 

ここまでは、すぐにご理解いただけると思いますが、肝心なのは、転職支援サービス会社の担当者にも色々な人が居る、という事実です。

 

転職支援サービスは担当者が判断するマッチング

求人は、募集する企業が求めるものと、応募する求職者のマッチングが成り立って採用となります。

 

20代を募集する求人に、50歳の人は応募できません、マッチングしません。

 

しかし能力とか経験とかいう内容に関しては、人によって判断が分かれます。

 

貴女が、ある求人を見つけ、「自分にマッチする!」と応募したとします。

 

貴女からの応募を受けた転職支援サービス会社の担当者は、貴方の履歴書・職務経歴をチェックします。

 

求人が求める内容と、貴方の持つ経験・能力がマッチするかどうか、それを調べます。

 

ここで1つの判断が下されます。

 

しかし、この判断は、あくまでもその担当者の判断なのです。

 

ここが最も大切なポイントとなるのです。

 

とても重要なポイントですので、次ページで詳しくご説明します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク